iPhone12 Pro Maxで短編映画を作りました

iPhone12 Pro Maxで短編映画を作りました

2021-03-12
カメラ

iPhoneでショートフィルムを作る

iPhone 12 Pro Maxはめちゃくちゃ素晴らしいですね!

悩んでたのですが、カメラ性能と大画面が決め手で機種変更したところ、大正解でした。

高いけど、毎日使うし、こうやって短編映画も撮れるしね。

2012年にもやっていたけど

そういえば、こちらも横浜で撮影でした。

今回の経緯:Ebisu-堂さん「youtubeやりたい」

コロナ禍で自粛が続きましたが、マスクして、ソーシャルディスタンスして、外で活動することは可能なんじゃないか?そんなことも考えていたところに、Ebisu-堂さんが「youtubeやりたい」と言うことでお手伝いすることになりました。

撮影方針:簡単に手軽にすぐにシネマライクに撮る

GH5を構えてガッツリやるよりは、まだ1回目だし、社会状況も踏まえてiPhoneでスナップするような感じで撮影しましょうと提案。iPhoneのマイクでは風切り音やセリフ聞き取れない、飛沫うんぬんなんかもあったりするので、音はモノローグで録りましょう。色は最近関心がある簡易カラーグレーディングの練習もかねて、ログからLUTあてて、シネマライクにしました。

今回の作品名「紫の仔猫殺人事件」

私立探偵・菅原慎太郎が謎の団体「紫の子猫」の謎に迫る。

脚本・出演:Ebisu-堂
原案・監督・撮影・編集:こんのかつゆき

(4分/2021年公開)

映画とはなんだ?というのはおいといて

これも映画です。っていうのをやりたかった。

撮影1.5日。編集2〜3日。

休日と平日の空いている時間を使えば、プリプロダクション含めて月に1回くらいはショートフィルムを作れるな!という確信が持てました。あとはネタと役者さん次第かなぁ。

今年、後数本できたら楽しいな。