2012-08-02
日記

えー、日本の大学で教える仕事やってます。アメリカの大学でも教えたことあります。だから以下の内容がいかに信じられなくても、ホントだよ:
あのガキども、岩みたいに何も言えない。ホントにツンボだぜ。
テストの点数見れば、彼らが賢いとか教育システムがいいってのは分かる。教える人間としても、点数つける人間としても、ホントに何も言えない。基本的に、大きなテストの2,3週間前にならないと誰も何も勉強しなくて、で、テストのために詰め込むもんだから、実際は何も勉強してない;テストの通り方だけを覚えてしまう。一番分かりやすいのが、大学院の英語教室で話しかけたときだ。10年も勉強してるんだから、簡単な会話くらいできて当たり前だろ? でもひねり出せる単語はちょっとだし、発音がびっくりするくらい間違ってるし、文法なんてものは基本的に存在しない。なぜ? 多分、勉強してきたことを生かすってのを全く知らないから;テストさえ通れば何も問題ないんだから。で、彼らはテストを通る。