7年前の宿題。

7年前に作ろうと思っていた映像を今あらためて着手する。7年前に考えて作りかけて放置してしまった映像を、当時の3分の1の価格ながら数倍のスペックがあるコンピューターで続きを作るなんて面白いじゃないか。

動画形式はminiDVが主流で十分高画質だった時代から、今はHDでないと物足りなくなった。Final Cut Proの使いやすさを疑っていなかった時代から今はPremiereに帰って来た。AfterEffectsのVer5.5を使っていた時代から、CS6になりもう昔のプロジェクトデータが開けない事を知る。

毎年冬になるとこの作りかけの映像の事を思い出していた。いつか作ろうと。それが今年になった。これは7年前から送られてきた宿題だ。完成させたら何か良い事あるかもしれない。しかし、なんでこんな面倒くさいことを一人でやろうと思ったのか、当時の自分の作業管理能力の無さを問いつめたい。

しんどい。