戯曲セミナーグループのリーディング会に参加してきました

戯曲セミナーグループのリーディング会に参加してきました

2017-03-04
日記
劇団コピュラのこんのです。
好きなカバンはリュックです。
 

地元横浜では「かもさい」が盛り上がるなか、わたくしは中目黒におりました。

 
目的は、短編戯曲講座で知り合った、いぐちさんの戯曲セミナーグループのリーディング会です。
 
計3つの作品をみんなで読み、そしてブラッシュアップを行うというサイクルで回しておりました。
 
そこにはQSCで知り合ったお顔がたくさん、たにおかさん、まがらさん、マリモさん、かなだまのたかはしさん経由でのお知り合いでした。
 
みなさんの作品を拝聴していると、本当に人は様々な思いや試みを書いて書くことで表現していきたいのだなぁと、感嘆しておりました。
 
個人的には最後の作品が、ビジュアルイメージが鮮明だっただけに、特に印象に残っています。
 
ここから、どう舞台にのせていくのか、今後が楽しみです。
 
次回は7月とのことで、わたしも参加してみようかしら〜、でも、辛辣な意見は怖いなぁ、なんて。いえいえ、そんなことはなく、和やかで前向きな会でした。
 
また、行きたいと思います!
 
 
神奈川演劇博覧会まで
 
あと、
 
14日

 


■第14回神奈川演劇博覧会■


 

2017年3月18日〜3月20日
主催:神奈川県演劇連盟
「演劇の敷居を低くして、普段芝居を観ない皆様に観てもらおう」を合言葉に始まったイベント。
神奈川県下で活動する劇団が一つの会場に集い、1日4劇団がそれぞれ待ち時間60分で小作品を連続上演します。
会場:神奈川県立青少年センター 2階 多目的プラザ
チケット:入場無料、出入り自由
劇団コピュラ上演日時:
3月20日 2ステージ
14時半 開演
18時半 開演
上演作品:

「ランディおじさん」

作 佃典彦(劇団B級遊撃隊)

演出 こんのかつゆき

夏。時代に取り残された感を醸し出しているバッティングセンターのロビー。タオルで顔面を冷やしている若い男が座っている。彼に何があったのか。そこに背後から怪しげな中年男が忍び寄る。岸田国士戯曲賞作家 B級遊撃隊の佃典彦が描く、残念な人々の人生延長戦。

「客席」

作・演出 こんのかつゆき

冬。終演した客席。帰る人々を見送る役者。客席には男性客が1人残っている。役者が客を送り出して、楽屋へ戻ろうとすると、落し物を見つける。これがすべての始まりだった。客席で起こるすれ違いの人間ドラマ。

 

 

キャスト

舘石知英(劇団Nadianne)

こんのかつゆき

鈴木龍乃介

オッスたかのり(劇団かに座)

新雪

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531313/p1103212.html