社員旅行用の余興漫才 3分

社員旅行用の余興漫才 3分

2011-08-18
アイデア

キャラ:課長 40代後半関西人 関西弁で

平社員30代前半関東人 標準語で

ー出だし上手から二人出てくる

課 「どうもー、課長と平でーす!今日は社員旅行ということでねー、お酒も入っていい気分でしょうから、軽快な余興で皆様のご機嫌をうかがっていこうかなと思っております、ワー!(拍手)」

平 「・・・ずっとこのテンションでいくんですか?」

課 「(無視して)おぉご覧よ平くん!前にお座りになられる方々!首脳陣大集合じゃないか!右から役員!役員!一人飛ばして役員!」

平 「社長を飛ばしましたよね?」

課 「わ!社長っ!!あまりにも神々しくて見えなかった!」

平 「レンズが乱反射してるんじゃないですか?メガネ拭いたらどうです?」

課 「じゃあ拭いてくれる?」

平 「いやですよ、自分でやってくださいよ」

課 「それでは私、課長が今からメガネを拭きまーす!!ワー!(拍手)」

平 「そんな盛り上げて大丈夫ですか?」

課 「はい!・・・(地味に拭く)はいっ!ワー!」

平 「普通じゃないですか!」

課 「メガネもきれいになって視界良好!今日は社員旅行!」

平 「あ、韻を踏んでますね」

課 「ダ・ジャ・レ・や!」

平 「自分で言います?」

課 「あ!平くん!なぞかけしよう!ワー!」

平 「僕、けっこう得意ですよ」

課 「ちょっとちょっとそんなの聞いてないぞ〜!?さっそく聞かせておくれよ!」

平 「じゃあ、社員旅行とかけまして〜」

課 「その心は〜?」

平 「かけっぱなしじゃないですか!」

課 「あぁそうね、社員旅行とかけまして〜?」

平 「掛けまして〜、え〜、オレンジ色と説きます」

課 「オレンジ色と説く、その心は〜?」

平 「どちらも楽しい慰労(色)です」

課 「おぉっ!!その心は?」

平 「もう終わりました!今言いました!慰労と色をかけたんですけど、下手でしたかね・・・?」

課 「いや、そんな事ない!よくわからないだけ!」

平 「よくわからないって!」

課 「けどいいね!いいねっ!イィーねっ!」

平 「あ!クレイジーケンバンドだ!」

課 「俺の!俺の!俺の話を聞けぇ〜、2分だけでも良い〜 お前だけに本当の事を話すから」

平 「(課長が歌っている途中でしめる)まもなく2分が経とうとしております、残りのこの時間は、課長の歌をお楽しみください。ありがとうございました」

ー平社員消える 課長歌い終わるまでオンステージ

(了)