Premire Pro 2020(14.0)で.mpgのファイルでエラー、音がでない

Premire Pro 2020(14.0)で.mpgの動画を読み込んだら「ファイルの最適化中に原因不明のエラー」と出る。
そして詳細を見ると「ファイルへのアクセス中にディスクエラーが発生しました」とエラー表示。
そして、音がでない。

問題の動画

種類 :MPEG ムービー
ファイルサイズ :72.44 MB
画像のサイズ : 720 x 480
フレームレート : 29.97
ソースのオーディオ形式 : 48000 Hz – Compressed – Stereo
プロジェクトのオーディオ形式 : 48000 Hz – 32 ビット浮動小数 – Stereo
トータルデュレーション : 00:01:58:00
ピクセル縦横比 : 1.2121
アルファ : なし
ビデオコーデックタイプ : MPEG 4:2:0

撮影したカメラ

SONY HDR-SR1
https://www.sony.jp/support/handycam/products/hdr-sr1/

のSDモード

取り込み方法

MacにカメラをUSB接続し、カメラをHDDモードで直接コピー。
/Volumes/NO NAME/MP_ROOT/101PNV01/XXXX.MPG

撮影環境から推測する問題

このカメラ自体のマイクは5.1chなのだが、撮影時はマイク端子経由で収録したため、動画の音声はstereoになっている。この外部マイクをつかって収録した場合のデータが、なんだか壊れているようなのだ。壊れているというか、Premire Pro 2020(14.0)ではうまく扱えない。

なぜならMacのQuick Time Playerなら音付きで再生するからだ。

解決策

変換するしかない。
Quick Time Playerで使うファイルを開いて、
ファイル>書き出す>480p
で、Premire Pro 2020(14.0)でも扱えるファイルに変換することができた。
しかし、これでは面倒だなぁ、もっとうまくやる方法ないだろか。