2月

自動で切ってくれる機械がすごすぎる – スキャンカット アイデア

自動で切ってくれる機械がすごすぎる –…

スキャンカット。存在を知らなかったが、なんとこれ、人間がハサミを使わないと難しいような形を、機械が代わりに切ってくれるのだという。 工場用の製品ではなく家庭用。 ビックリ、この精度で切れるなんて、ペーパークラフトとか使い道が色々ありそう。 2006年からその界隈のジャンルはあった…
ショートショートストーリー 素敵な色になるトイレ アイデア

ショートショートストーリー 素敵な色になるトイレ

巨大ショッピングモールに新しいトイレが設置された。 なんでもそこで用を足すと、いつものおしっこやうんちが素敵な色に変わるという。さっそく友達と連れションをしようと遊びに行った。トイレは噂を聞きつけた人々でごった返していて、2時間並んでやっとトイレの入り口まで来た。友達の手前、うん…
観劇感想 スティールマグノリアズ JOKO演劇学校第12回修了公演 190221 観劇感想

観劇感想 スティールマグノリアズ JOKO演劇学…

こんな経緯 以前いた劇団の同輩である井上昇が通うJOKO演劇学校。その修了公演(といっても彼はまだ1年生)だ。 会場は劇団昴が新拠点と称する劇場「pit昴」で、最寄りは板橋区 東武東上線大山駅。歩いて来る人もいたくらい池袋駅に近い(らしい?)、駅周辺は繁華な印象。そして演劇人がい…
観劇感想 たまゆら、の 190209 観劇感想

観劇感想 たまゆら、の 190209

こんな話 妊娠した女性を保護する施設を舞台に、管理者を含め周囲それぞれの事情を通じて、子供を授かり、産むこと、さらに生きることの困難さ、そしてそれを乗り越えるためにはどうしたら良いのか?を考えさせる話。 よかったところ 構成がよかった。遠いところから始め、だんだんと核心に迫ってい…
観劇感想 第29回下北沢演劇祭 演劇創作プログラムB 190214 観劇感想

観劇感想 第29回下北沢演劇祭 演劇創作プロ…

どんな演劇祭 第29回下北沢演劇祭で行われてた、大西一郎 構成・演出によるTHE LAST SHOW-追想の街で-を観劇。プロ・アマチュアを混合で、演劇の街でもある下北沢の街一体で演劇を催す。 こんな趣向 大西一郎率いるBチームの特色は、本多劇場グループの代表、本多一夫の出演だ。…
観劇感想 突然集団ケミカルチェンジ 190209 観劇感想

観劇感想 突然集団ケミカルチェンジ 190209

こんな経緯 知人であるノハラノマリモが所属する“よろしく!花道御一行”が他団体と合同公演を行い、その団体名が”突然集団・ミラクルチェンジ”ということで、そもそも同じ団体”劇★派”で関わりのあったメンバーが中心になっていて、それが十数年ぶりに集まったということだそうだ。もともと横須…
観劇感想 ヨコハマヤタロウ theatre045syndicate 190203 観劇感想

観劇感想 ヨコハマヤタロウ theatre045syndic…

劇場。映画館。 横浜の市外局番。 ①企業の独占形態の一。カルテルの発達したもので、競争関係にある企業が競争を緩和するために共同の中央機関を設け、生産割り当てや共同購入・販売などを行うようにした企業組合。 ②有価証券の引き受け団体。国債などについて、引き受け額を分担するため結成され…
運動不足 日記

運動不足

劇団コピュラのこんのです。 好きなドームは東京ドームです。 シーズンオフ(?)だからか、心なしかしぼんで見えるのは気のせいでしょうか。     ねぇ、もう2月も終わりですよ。 ねぇ〜。     明日から3月。 ねぇ〜。     本番が近づくにつれて、若干メンタル部分に疲労が見えて…
わかるために稽古をしている 日記

わかるために稽古をしている

劇団コピュラのこんのです。 好きなモンスターエナジーはカオスです。 カオスだったのね、カシスだと思ってた。     勘違いがね、あります。よく。 何回も何回も。 そのたびになんとか努力しようと思って、 あれこれ考え巡らせるも、 それが裏目に出たりします。 平田オリザの 「わかりあ…
冷静と情熱の間 日記

冷静と情熱の間

劇団コピュラのこんのです。 好きな焼肉はレバーです。 カメラマン りゅうさん 二月最後の稽古です。 今日の稽古は音響のichiさんが来てくださいました!   毎回わたしが演出する上演の音響はすごくシンプルにしてるんですが、今回は作品が求める音もあり、音響さんにはタイミングや段取り…